社内検査規格



位置決め精度


最大ストロークを基準長さとし基準位置から実際に移動した距離と
指令値との最大誤差を絶対値で表示する




繰り返し位置決め精度


任意の一点に同じ方向からの位置決めを7回繰返して、停止位置を測定し
読みの最大差の1/2を求める。
この測定を原則として、移動距離の中央および、ほぼ両端のそれぞれの
位置で行い、求めた値のうちの最大のものを測定値とし
最大値1/2に±を付けて表示する。




バックラッシュ


テーブルに送りをかけて、わずかに動かした時のテストインジケータの
読みを基準とし、その状態から送り装置によらず、テーブルに同方向
(テーブル送り方向)から負荷を加え、その後開放した時の基準と
戻りとの差を測定値とする。
この測定を動きの中央およびほぼ両端のそれぞれの位置で行い
求めた値のうち最大のものと測定値とする。




走り平行度


ステージを定盤上に取り付け、テストインジケータで、ステージの移動距離
のほぼ全域にわたり測定し、移動距離内の読みの最大差を測定値とする。




XY直角度


ほぼ中央の位置にスコヤーを固定してダイヤルゲージを当てXY軸を
移動させ読みの最大差を測定値とする。



注意

アウターレール構造のステージについては、
THKの基準に合わせた精度の表記になります。